健康な体作りと適切な処置は名古屋の椎間板ヘルニアクリニック

ヘルニアでお困りの方、諦めていませんか?

ヘルニアは腰に負担をかけないことが大事

「ヘルニア」の原因は、腰に負担をかけてしまうことだと言われています。体を無理にねじったり反ったりしてダメージを与えたり、長時間同じ姿勢でいることも原因のひとつです。ヘルニアはなりやすい人となりにくい人がいるので、なりやすい人は日頃から注意して生活をしなければなりません。腰に負担をかけない生活を心がけましょう。
重い荷物を持つときは、1度しゃがんでから体全体で持ち上げましょう。腰を曲げて持とうとすると腰に負担がかかって、ヘルニアの症状をいっそうひどくさせてしまうおそれもあります。
椅子に浅く腰かけることも、ヘルニアを悪化させてしまう原因となるので気をつけましょう。深く腰をかけて正しい姿勢を意識することが大切です。ただ体を反りすぎてしまうと腰に余計な負担がかかってしまいます。頭の上を糸で吊るされているようなイメージで自然なかたちを意識することがポイントです。
車を運転するときに、座席とハンドルの位置が離れていると、腰にダメージを与えてしまうこともあります。できるだけハンドルに近づけて楽な姿勢で運転すると良いでしょう。
ヘルニアは1度なってしまうと急に治せません。焦らずうまくつきあっていきましょう。

椎間板ヘルニアは鍼灸治療院で治そう

椎間板ヘルニアの痛みは相当辛いものですよね。酷くなってしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうようになって何をするにも辛い思いをしないといけなくなってしまうでしょう。けれども自分で椎間板ヘルニアを治す事は相当難しく、まだ初期段階なら多少のストレッチなどや姿勢等に気をつける等すれば楽になることも有りますが、それはほとんどの場合において一時的な物なので、症状が治まったように自分では感じていてもま…

椎間板ヘルニアと肥満の関係について

椎間板ヘルニアは腰への負担によるものや老化、姿勢の悪さによる背骨の歪みなどが主な原因だと考えられています。また最近の研究によって遺伝的要素も関わりがあると分かってきました。これら原因の中でも姿勢と腰への負担軽減は、自分で普段から行える対策です。ですから椎間板ヘルニアを防止するためには、姿勢を正してできるだけ腰へ負担のかからない生活を送っていくことが大切です。また椎間板ヘルニア…

TOP