健康な体作りと適切な処置は名古屋の椎間板ヘルニアクリニック

ヘルニアでお困りの方、諦めていませんか?

ヘルニア予防のために日頃から心掛けたいこと

中高年で腰痛の持病を抱えている方はかなりの数に上ります。これは加齢によって筋肉が衰えてくることや体重の増加などによって腰に負担がかかることも要因の一つです。また姿勢や寝相の悪さも腰痛の原因になります。
そんな腰痛と言えば代表的な病状にヘルニアがあります。簡単に言えば背骨が変形することによって痛みやしびれが生じる病気で、これまた中年以上の方が多く発症しています。
では中年以降でもヘルニアを発症させないためにはどうすれば良いのかというと、一番肝心なのは常日頃から腰や背骨に負担をかけない生活を送ることです。立っている時も座っている時も寝る時も正しい姿勢を維持することがヘルニアの予防になるのです。
ただ姿勢の悪さは無意識によるものなので、正しい姿勢を維持するのは決して容易な事ではないのかもしれません。しかし年をとっても健康体でいるためには普段から正しい姿勢を心がけていくしかないのです。
ただしヘルニアは姿勢の悪さだけが原因だというわけではなく、ストレスや遺伝など他にもいくつかの要素が絡み合って起こります。なので百パーセントの予防は難しいかもしれませんが、発症のリスクを減らすためには姿勢を正し、少しでも腰に違和感を感じたら早めに専門家に相談するようにしましょう。

椎間板ヘルニアは鍼灸治療院で治そう

椎間板ヘルニアの痛みは相当辛いものですよね。酷くなってしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうようになって何をするにも辛い思いをしないといけなくなってしまうでしょう。けれども自分で椎間板ヘルニアを治す事は相当難しく、まだ初期段階なら多少のストレッチなどや姿勢等に気をつける等すれば楽になることも有りますが、それはほとんどの場合において一時的な物なので、症状が治まったように自分では感じていてもま…

椎間板ヘルニアと肥満の関係について

椎間板ヘルニアは腰への負担によるものや老化、姿勢の悪さによる背骨の歪みなどが主な原因だと考えられています。また最近の研究によって遺伝的要素も関わりがあると分かってきました。これら原因の中でも姿勢と腰への負担軽減は、自分で普段から行える対策です。ですから椎間板ヘルニアを防止するためには、姿勢を正してできるだけ腰へ負担のかからない生活を送っていくことが大切です。また椎間板ヘルニア…

TOP